社会保険労務士の勉強はどうするの? > メニュー > 社会保険労務士の教材について

どのような教材を選べば良いのか?

教材選びはあくまでも、独学で学習する方ですが、
なんだかんでいっても、独学で勉強する方が多いので、
ここでは教材選びについて解説します。

 

まず、どのような教材が良いのかというと、
大手予備校から出版しているものを選んで下さい。

 

その理由は、大手予備校の教材が良いというわけではなく、
無難に作られているからです。

 

予備校が発行している教材、
つまり、テキストや過去問は、
予備校に通学してもらうことを目的としていて、
試験に合格するためではありません。

 

そのようにいってしまうと、一見イメージが良くないのですが、
逆に言えば、わかりやすく作られているといえます。
そのため、合格まではいかなくても
基礎知識が身に付けられることが出来ます。

 

そして基礎身に付く事ができれば、
後は多くの過去問を解きまくれば力が付きます。

 

ただし、市販のテキストだと知識が浅いので、
解法がわからない問題がたくさんあると思います。

 

その対策としては、
面倒ですが、法律用語集を使うか、
予備校の単科講習を受講する方法しかありません。

 

地道で時間が必要ですが、
よっくりと確実に力をつける事が出来ます。

 

ちなみにはじめに購入する教材の種類を
テキストと過去問だけで良いでしょう!
参考書はある程度知識が身に付いてから購入することをおすすめします。

メニュー

最新記事